彼氏が別れたいサインはLINEに出ている?別れを匂わせる彼への対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。
【※期間限定】復縁したい人は必読!

<今月限定>もし、あなたが復縁したい男性がいるならその方法を無料のLINEを診断でお伝えします。

\下記のような悩みがある人はLINE登録で無料で診断中!/

  • 彼と復縁できる確率は何%
  • 既読無視から復縁する方法
  • SNSのブロックは実は脈アリ?
  • 彼は自分の事をどう思ってるか知りたい
  • 復縁の前兆が知りたい!
  • 彼からLINEブロックされたけど復縁したい
  • 具体的に何をすれば復縁できる?
  • 復縁のきっかけを知りたい

これらの悩みを無料でたったの2分で解決に導きます!

\ 今月限定! /

※復縁の可能性を高める為に20歳以上の女性限定となっています※

彼氏からのLINE…もしかして別れたいっていうサインなのかな?

彼氏と何気なくLINEをしていると危険かもしれません。

彼氏が別れたいサインがLINEに出ていることも。

本当は別れたいけど上手くいえない

俺の気持ちに気づいてくれた?

彼氏がLINEで別れを匂わせてきたら、何としてでも阻止したいですよね。

今回は、LINEでの彼氏が別れたいサインや彼への対処法について紹介します。

彼氏からのLINEに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

目次

彼氏の別れたいサインがあるLINEとは?

彼氏の別れたいサインがあるLINEとは、どんな内容か気になりますよね。

彼からのLINEに別れたい気持ちが出ていないのか、チェックしましょう。

前より返信が遅くなった

以前よりも彼氏の返信が遅くなっているのなら、彼氏の別れたいサインが出ているLINEです。

好きな人からのLINEは楽しみですよね。

彼女はなんて返してくれるかな

どんな返事がくるだろう

彼女からの返事を彼も心待ちにしているものです。

しかし、以前よりも返信が遅くなったのなら、興味が失われている証拠かもしれません。

連絡を返すのを遅らせて、別れたいサインを送っていることが考えられます。

既読無視や未読無視が増えた

LINEでの既読無視や未読無視が増えたのは、彼からの別れたいサインです。

LINEに返事をしたり、読むことも面倒になったりしています。

次第に既読無視や未読無視の回数が増えていくのです。

少しづつ彼女と距離を置くことで、自然な別れを狙っているのかもしれません。

返事がそっけなく、スタンプだけも多い

別れたいサインがあるLINEとは、返事はそっけなく、スタンプだけも多いものです。

別れたいと考えている男性は、彼女へ時間を割きません。

それはLINEにも表れており、文字を打つことすらないのです。

彼の気持ちを表現しているように思えるLINEスタンプですが、実は彼女への愛が冷めている行動の1つです。

簡単なスタンプを送って終わりにされているのであれば、別れたいサイン

早急に対処しなければ、彼との別れが近いうちに訪れるかもしれません。

彼氏からは連絡してこない

彼氏から連絡してこないのは、別れたいサインのあるLINEです。

彼氏から連絡がほしくてつい待っているけど、なかなかLINEをくれないということも多いですよね。

彼氏がLINEをしない理由

  • LINEするのもめんどくさい
  • 自然消滅を待っている
  • とくに用事もない
  • 冷めたことに気づいてほしい

別れたいサインを送って、早く彼女に気づいてほしいと考えています。

彼氏から連絡がこないのはとても危険なLINEのサインです。

彼に冷められていると感じたら、一度冷めた男性の気持ちを復活させる方法を実践してみてください。

「忙しい」「予定がわからない」ということが増えた

彼が忙しかったり、予定がわからないことが増えたりしたのなら、別れたいLINEのサインです。

彼氏の予定を把握できなければ、次のデートの約束を取り付けることも難しいですよね。

また、他の女の子と会っていたり、もっと興味のあるものを見つけていたりするかもしれません。

彼とのすれ違いが増えれば、一緒にいるどころか別れを引き寄せます。

別れのサインを感じ取ったのなら、すぐに行動を起こす必要があります。

「忙しいからあとで」といわれたときもLINEがこない

「忙しいからあとで」といわれても、それっきりLINEがこなければ、別れのサインです。

彼女の存在を後回しにして、忘れています。

忘れるほどの存在だということです。

本当に好きな相手なら、後回しにすることはないでしょう。

愛情が失われていることがわかるLINEのメッセージなのです。

彼の気持ちをたしかめたいなら、彼氏の愛情をたしかめる方法を試してみてください。

彼氏から別れたいLINEがきたときの対処法

彼氏から別れたいLINEがきたときは、焦りますよね。

どうしたらいいの?

別れるなんて考えられない…

彼氏から別れたいLINEがきたときには、すぐに対処法を実践しましょう。

「もう一度チャンスが欲しい」と伝える

彼氏から別れたいLINEがきたときの対処法は、「もう一度チャンスが欲しい」と伝えることです。

別れたいという意思が明確にされたとき、再スタートをきるほか方法はありません。

彼の気持ちを変えるためには、今まで通りではいけないのです。

チャンスをもらい、「彼に惚れ直してもらいたい」「変化した姿をみてほしい」という姿勢を貫きましょう。

彼にアプローチを行いつづければ、心変わりしてくれるかもしれませんね。

「会って話したい」と伝える

「会って話したい」と伝えることが、別れたいLINEがきたときの対処法です。

直接思いを伝えるためには、あなたの言葉で彼に説明するべき。

心のこもった愛のあるメッセージならば、彼の別れたい気持ちを止めてくれるかもしれません。

思ったことや、あなたの気持ちは直接会って伝えましょう。

「一度距離を置こう」と提案をする

彼氏から別れたいLINEがきたときの対処法として、「一度距離を置こう」と提案するというものがあります。

一度距離を置くことで、冷静になり考えられます。

彼もあなたと心から別れたいと思っていないことも。

距離が近すぎてわからなくなっている可能性があります。

また距離を置く間、自分磨きをすると彼を魅了する女性になれます。

離れている間にすてきな女性になった彼女をみて、別れを考え直してくれるでしょう。

カップルが距離を置くメリット・デメリットを参考に、距離を置いているか考えてみてください。

言い訳せず、自分の悪い部分について謝る

言い訳せずに自分の悪い部分について謝りましょう。

別れたいLINEを受け取って、やるべきことは反省です。

彼に嫌な思いをさせていたわけですから、悪い部分についてはしっかりと謝りましょう。

反省するということは、改善の意思を持っているということです。

もう一度彼女を信じてみよう

別れたい気持ちを踏みとどまらせてくれるはずです。

彼にやり直してもいいかもしれないと考えてもらえるように行動しましょう。

彼が別れたい原因を改善する

彼氏から別れたいLINEがきたときは、原因を改善しましょう。

別れたいと思った理由が必ずあるはずです。

原因が改善されなければ、別れを乗り越えてもうまくいかないもの。

お互いになっとくのいく答えに出会えたとき、別れを撤回できるでしょう。

しつこくLINEを送り続けない

別れたいLINEがきたときは、しつこくLINEを送り続けないように注意しましょう。

LINEを一方的に送り続けることで、彼は対話すら拒否することも。

また別れたいという気持ちを否定されると、彼は意固地になります。

否定するのではなく、一度受け入れたうえで、しっかりと話し合うことが重要です。

まとめ

彼氏の別れたいサインがあるLINEとは、既読無視や未読無視が増えたり、連絡が来なくなったりしたものです。

LINEで別れたいサインを送られてきても、対処法を行えば、別れを食い止めることもできるでしょう。

「会って話したい」と伝えたり、彼が別れたい原因を改善したりすると、彼氏から別れたいLINEがきたときの対処法になります。

彼氏から別れたいサインのLINEがきても、2人の未来をよくするきっかけの1つとして受け入れましょう。

【※期間限定】復縁したい人は必読!

<今月限定>もし、あなたが復縁したい男性がいるならその方法を無料のLINEを診断でお伝えします。

\下記のような悩みがある人はLINE登録で無料で診断中!/

  • 彼と復縁できる確率は何%
  • 既読無視から復縁する方法
  • SNSのブロックは実は脈アリ?
  • 彼は自分の事をどう思ってるか知りたい
  • 復縁の前兆が知りたい!
  • 彼からLINEブロックされたけど復縁したい
  • 具体的に何をすれば復縁できる?
  • 復縁のきっかけを知りたい

これらの悩みを無料でたったの2分で解決に導きます!

\ 今月限定! /

※復縁の可能性を高める為に20歳以上の女性限定となっています※

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

LINE占い鑑定士。鑑定方法は霊視。スピリチュアルな世界を霊視視点で紐解いています。他サイトでもスピリチュアル記事も監修。個人鑑定だけでなく政治家、経営者、芸能関係など多岐にわたるユーザーから支持を得ています。運気を味方につけて望む未来へ進みましょう。

目次